婚活パーティー

婚活パーティでよくある脈なしパターン

投稿日:2019年9月17日 更新日:

婚活パーティでの出会いがきっかけで結婚に至るケースは決して少なくありません。でも一方でその場限りで終わってしまうこともあります。

これは決して婚活パーティに限ったことではありません。お互いに時間が経ったり、日常生活に戻ることで考えが変ってしまうのも仕方がないものです。

ただ婚活を意識した場合、そのような相手をいつまでも追い続けてしまったり、自信喪失、失恋気分に浸ってはいられません。早々に割り切り、次の婚活パーティのスケジュール調整を始めるくらいの気合は必要だと理解しておきましょう。

楽しく話していたのに、突然話題が人生相談に変わる

婚活パーティは様々なスタイルがあり、中には終始フリータイムや立食パーティ式、バスツアーなどのイベント型もあります。このようなスタイルの場合、参加者同士の自由度が高く、友人や同僚のように気軽な会話が盛り上がるものです。

ただ一方は会話が盛り上がることやイベント中にずっと行動を共にしていた事で次のステップを期待しているものの、相手はまるでその気がないことも珍しくありません。

気が付けば会話の内容が婚活への悩みや周囲からの結婚プレッシャーに代わることもあります。祖ごとの愚痴を口にすることもあるでしょう。中には片思いの相談や別の参加者への告白について相談をされることもあります。こんな時、あれ?と違和感に気が付いたら、早々に会話を切り上げましょう。いつまでも脈のない相手と二人きりで過ごしていると、別の参加者との出会いのチャンスを失うだけです。

「土日はどこかお出かけされるんですか?」と話題を振ると「すみません予定入ってます」とやんわり断られる

初対面同士でなかなか話題が見つからない・・・という時、週末の過ごし方を聞くのも当然の流れです。もちろんその中で趣味の話題につながることもあります。ごく一般的な話題のつもりで持ち出したものの、相手からはデートの誘い勘違いされてしまうこともあります。

こんな時、こちらもデートのつもりはないのに・・・と思うこともあれば、まるで脈なしか・・・と感じることもあるでしょう。初対面同士が顔を合わせる婚活パーティの席で、偶然にも印象がよく、趣味が合い、その場で次の約束が決まることは早々ありません。

もしこのような素っ気ない返答がかえって来た場合もまるで気に病むことはありません。気に留めることなく、次の参加者との会話に気持ちを切り替えてゆきましょう。

パーティ後、ラインが既読スルー

婚活パーティの席ではお互いが気軽にライン交換をするものです。特にフリータイムともなれば、その場の雰囲気で大勢と気軽に交換し合うこともあるでしょう。

しかし後日改めて連絡をしたものの、既読スルーということもあります。これは2つの理由が考えられます。規模の大きな婚活パーティの場合、ライン交換はしたものの、相手は誰がどのラインIDだったかわからない・・・という状況のあるというもの。もう1つは完全に脈なしというパターンです。

婚活パーティの直後にラインをするときは、まず

・挨拶

・当日の服装

・相手の返答を必要とする質問

の3つの要素を織り込んだ内容を送信してみましょう。こうすることで、相手の真意を知ることが出来るからです。特に服装は相手に自分を思い出してもらうきっかけになります。

その上で相手からの返答が必要な質問をすることで、既読スルーな理由を考えましょう。もしこの3つの要素を満たしても返信がない場合は、脈なしと考え、次の婚活パーティへ目を向けましょう。

パーティ後、デートに誘っても「忙しい」と断られる

婚活パーティの席ではお互いに会話が盛り上がり、中には今度食事にという話題が挙がることもあるでしょう。でもいざ具体的な日時の調整の段階で、相手から曖昧な返答が続いたり、忙しいという事を理由に先送りになってしまうこともあります。

こんな時、好印象な相手だった場合、脈なしと考えるべきか?それとも本当に忙しいならと無理強いをせずに相手をまつべきか悩むところでしょう。

こんな時は、「忙しい」という断り文句の後に相手から代替案が出るかどうかで見極めてゆきましょう。

今週は忙しい・・・でも来週なら・・・と代替案が出るなら脈ありということです。しかし相手からまるでそのような提案がない場合は、断り脈なしと受け入れ、深追いは禁物です。

婚活パーティの席では、周囲との兼ね合いもあり、異性と込み入った話題が続く、会話が盛り上がることに優越感を抱くものです。ついその場の雰囲気に押され、後日の約束をしてしまうのは男女ともよくあるものです。しかしいざ日常生活に戻ってみると、今後の交際は・・・と考えが変ってしまうのでしょう。よくあるケースと割り切り、次の方法を考えて前進しましょう。

まとめ:婚活パーティの脈なしパターン

  1. 話題が相談に変わる
  2. ラインが既読スルー
  3. デートに誘っても「忙しい」と断られる

今回の記事で紹介した脈なしパターンを知っておくと今後の婚活でも活用できそうですね!もし脈なしだったとしても気に留める必要はありません。気持ちを切り替えて新しい出会いを探しましょう。脈なしの相手と長々と過ごしているとせっかくの出会いのチャンスを逃してしまうので、脈のありなしの判断が出来ると婚活を有利に進めることが出来るのではないでしょうか?
早速、婚活パーティーで実践してみましょう!

会話時間がたっぷりとれる婚活パーティー

FIORE PARTY(フィオーレパーティー)

女性と楽しくお話できる!恋人づくりはフィオーレパーティーへ!

おすすめの記事

1

30歳からスタートする婚活は当然苦労をします。 でもこの先31歳、32歳と婚活のスタート日を遅らせることでさらに苦労は増していきます。婚活を始めるのは1日でも早い方がいい!結婚という結果を出したいから ...

2

彼氏がいる、この先の見込みが立たないからこそ婚活に関する話題が気になるものです。 婚活パーティーの広告、周囲の話題、友達の結婚式…でも彼氏はいるという現実。 彼氏がいるのに婚活をするのはあり?無料の婚 ...

3

  結婚相談所への登録を検討し実際に話を聞きに行っている、今すぐじゃないけれどどんな会社があるのか資料を請求してみた、少し興味はあるのでインターネットで検索してみた、など、お相手を見つけるた ...

4

普通の恋愛すら長続きしない。ましてや結婚となるともっと難しいと思う。相手と長続きしない原因は? 婚活には熱心に取り組んでいる、結婚も強く望んでいる・・・にも関わらず交際期間が長続きしない、具体的な話を ...

-婚活パーティー

Copyright© 婚活成功ノウハウ , 2019 All Rights Reserved.