婚活総合インフォメーション by FIORE

アラサー婚活…未婚女性が抱える悩みとその解決法

2017月9月9日更新 タグ: , ,

“アラサー”、気付けば広く一般的に使われているこの言葉ですが、2005年に創刊したある女性雑誌が、具体的な年齢を言わずに女性の年齢を伝えるために使い始めたことが始まりだといわれています。当時“アラサー”と呼ばれた女性たちは現在“アラフォー”となり、“アラサー”なんてまだまだ先のこと・・・なんて気長に構えていた女性たちが、“アラサー”と呼ばれる今日になりました。

スケジュール帳をいかに友人や恋人との予定で彩るかが楽しかったり、働いて得たお金を趣味や美容や洋服につぎ込んだり、そんなことで頭がいっぱいだった日々。

それが今や、人生の大きなターニングポイントのひとつである“結婚”という課題を目の前にし、頭を抱える人も少なくないのではないでしょうか。そこで本日は、アラサー女性が婚活するうえで抱えやすい悩みとその解決策をご紹介いたします。

アラサー婚活は周りの視線が厳しい

悩み1:アラサー婚活は周りの視線が厳しい

女性の多くは、結婚相手に-2歳~+5歳差までの男性を希望しているというデータがあります。

調査別にみた、結婚相手との希望年齢差の構成

データ出典:国立社会保障人口問題研究所 (http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/gaiyou15html/NFS15G_html04.html)

例えば…
30歳の女性は28歳~35歳までの男性を希望
34歳の女性は32歳~39歳までの男性を希望

一方、リクルートブライダル総研の調査によると、男性は20代~35歳未満の女性を選びたがる傾向にあります。
男性の多くは40歳が見えてきても20歳前半女性までをも希望範囲内とし、35歳前後の女性を上限とするようです。

例えば…
33歳の女性→31歳~38歳の男性を希望
31歳~38歳の男性→21~37歳の女性を希望

つまり、33歳の女性は、31歳~38歳の男性にとって希望範囲の上限近くに位置することになります。

つまり、この層の男性は女性を、ぎりぎり圏内もしくは圏外にしてしまうということなのです。「残りの人生のうちで今日が一番若い」という有名な言葉がありますが、一日でも早く行動することこそが婚活における最重要項目のうちのひとつと言えるでしょう。

悩み2:理想が高くなりがち

理想が高くなりがち

みなさまはどんな男性と結婚したいですか?身長170cm以上?はたまた年収450万円以上でしょうか?年齢はできれば同年代で、容姿は悪くなければいいでしょうか?

「年収も見た目も“普通の人”ならそれでいい。」そう思う方も多いかも知れません。では“普通”とはどんな人なのでしょう。多くの女性が考える“普通”は、平均以上であることが多いと言われています。

「出会う相手はあなたを写す鏡。自分のレベル以上の相手は、どう頑張っても振り向いてくれない。」という言葉を聞いたことがありますが、婚活とは、“相手を選ぶ”のではなく、“相手に選ばれる自分になる”活動だと捉えることも大切です。

条件は良ければ良いほどいいのはごもっともですが、本当にその条件は、どんな人柄の良い男性だとしても絶対に譲れないものなのかどうか考えてみてください。そして、まずは実際にお会いして、話してみてフィーリングを確かめてみると、その方が運命のお相手かどうかが分かるかも知れません。

悩み3:仕事と結婚

仕事と結婚

結婚かキャリアか、働くアラサー女性の多くが、一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。仕事のおもしろさがわかり始める半面、結婚や出産が現実問題として視野に入る時期です。

キャリアアップを目指して必死に働いてこられた独身女性も多いかと思います。朝から晩まで働いて、家と会社との往復の日々。休みの日は家でゆっくりしたり趣味を楽しんだりしているけれど、ふと気付いたときに寂しさを感じる。

婚活コーディネータとして働く中、そういった女性に何人も出会いました。忙しい中でも月に数回は婚活を優先する日を作る、少ない時間を有効的に活用できる婚活を見つける、全てを手にすることは難しいですが、これからの人生のために、少しの時間を自身の大切な将来のために投資してみてはいかがでしょうか。

悩み4:周りの結婚に焦りを感じる

周りの結婚に焦りを感じる

“結婚しました”幸せそうな二人の笑顔や綺麗な花嫁姿の写真と共に届く旧友からの報告に、最初は心から言えていたおめでとうが、最近そうでもなくなっている・・・なんてことはありませんか?

SNSの発達に伴って、Facebookなどでかつての同級生の結婚を知るという方も多いのではないでしょうか。結婚式へ出席すれば、もちろん出費もかさみ、焦りも大きくなります。

アラサーになると、急に周りから言われるようになる「結婚しないの?」「彼氏は?」という質問。実家に帰れば追い詰めるような親からの「良い人いないの?」という言葉に、嫌気がさすこともあるかも知れません。

しかし、それも年々少なくなり、「最近は何も言われなくなってきました」と、アラサー女性の口から伺うことが多いです。人から言われなくても、自分が一番わかっている、だけど出会いがない、誘いが減った、でも前に試した婚活は合わなかった、「私はどうしたらいいんですかね?」とご相談くださる方も大勢いらっしゃいます。

そんな時は、一旦自分自身の気持ち、将来どうなりたいのかを整理してみてはいかがでしょうか。一人でも誰かに手伝ってもらっても、まずは現状、過去、未来の正直な気持ちを書きだしてみると、今やるべきことが見つかるかも知れません。

まとめ

国や地方自治体が婚活に力を入れているこの時代、もはや婚活の場は「職場」「友達の紹介」「コンパ」などに並ぶ一般的な出会いの場になりつつあるのではないでしょうか。「婚活してます宣言」が恥ずかしい、そう思っていた方は少なくはありません。しかし、今は婚活仲間を作って情報交換をしたり、一緒に婚活イベントに参加したり、そうやって励まし合いながら頑張っていらっしゃる方が多くなってきたと感じます。

フィオーレでも、毎週末開催の婚活パーティーの他、「婚活ってどういうものがあるの?」「この婚活って自分に合っているの?」「もっと効率をよくする方法は無いの?」「正直心が折れそうです・・・」そんなお気持ちをお持ちのみなさまにご利用いただける、無料婚活相談会やプロの目から見る婚活カウンセリングなどを、豊富にご用意いたしております。みなさまの婚活を、少しでもお手伝いできたら幸いです。もしよろしければ、一歩踏み出してみられませんか?

↓↓↓30代の方が参加できる婚活パーティー↓↓↓
https://ssl.fiore-party.com/sp/schedule/?agem=35&agew=35
パソコンの方はこちら

↓↓↓無料で結婚相手をシュミレーション↓↓↓
https://ssl.total-marriage.com/fiore_sp/matching/
パソコンの方はこちら

みなさまのご縁が、良縁へと繋がりますように。

<出典>
国立社会保障人口問題研究所 http://www.ipss.go.jp/
リクルートブライダル総研 http://bridal-souken.net/