再婚 恋愛・結婚 離婚

バツイチ男性は恋愛対象としてあり?なし?

投稿日:2019年6月11日 更新日:

様々な理由から離婚という決断を下す方が増えています。今日本では3組に1組が離婚という結論を下しています。

中には20代、30代前半という年代で離婚をする方がいたり、半年未満という結婚期間で離婚をする方もいます。

今の時代、離婚、バツイチという肩書は必ずしも婚活の妨げにはなりません。バツイチの婚活、恋愛事情について考えてゆきましょう。

あなたにおすすめ

バツイチだから対象外ではありません

出会いがない、交際にまで発展しない、将来の再婚の可能性をまるで感じられない・・・こんな時、自分が「バツイチ」だからでは?と考えてしまっていませんか?

確かにバツイチNGという方も一定数いることは間違いありません。でも必ずしもそれだけではないこと、特に結婚を意識する世代の方々は「問題ない」という考えの方が主流です。

出会いがない事、交際に発展しないことには実は別の理由があるはずです。

バツイチという自分なりの言い訳を作り、一歩引いた姿勢をとるのではなく、これからは積極的に婚活に取り組みましょう。

 

バツイチOKなイベントも多数開催中

一昔前までは離婚と言えば男性側の不倫や借金と思われる時代もありました。

しかし今や男女ともに仕事を持ち、家事も育児も同等に分担する時代です。中には女性よりも高い比率で家事を担っていたという方もいるでしょう。

離婚という決断に至る背景が多様化したことで、バツイチが即座に男性の低評価にはつながりません。

また離婚に踏み切る年齢が若年化していることからも、再婚される方が大勢います。

結婚相談所や婚活イベントでは

「バツイチOKな方限定」

「男女ともにバツイチ同士」

「バツイチ子持ちOKな方」

という企画も定期的に開催されています。

バツイチだからと引け目を感じてしまったり、消極的になってしまっていると気が付けば再婚のチャンスさえ逃してしまうことになるでしょう。

結婚は初婚であっても、再婚であっても年齢が大きな意味をもちます。心機一転新しいスタートを切ることにためらわずに行動に移しましょう。

 

バツイチがNGとされるケースもある

交際や婚活において、価値観の多様化があるものの、やはりバツイチには一定のフィルターがかかるものです。

中でも「バツイチ子持ち」の場合です。

子供を引き取り育てている

養育費の支払いがある

定期的な面会がある

子供の兼ね合いで前妻との定期的な面会がある

という場合、NGという判断が下されることもあります。

もちろん男性目線では前妻と再婚相手とでは全く別の対象として接しているつもりでも、女性目線では割り切れないことも多いものです。

また今後、再婚後の子供の誕生を考えた場合、子供同士の交流や養育費による経済的な負担、場合によっては共働きが必須となることもあるでしょう。

様々な場面を想定すると、難しいという判断をくださざるを得ないことは仕方がありません。

 

周囲への公言は相手の同意を得てからがルール

バツイチ男性が結婚を前提に交際を始めたり、相手側両親、友人と顔合わせをする際は、あらかじめ「バツイチ」という経歴を公言するのかどうかを交際相手に確認をしましょう。

交際相手によっては、公言はしないという方針の方もいます。

バツイチであることは二人だけが共有する情報であって両親はもちろん友人、知人、同僚にも秘密にするというスタイルです。

この場合、将来子供が生まれた後もバツイチであることを伏せることになるでしょう。

この点は相手への配慮でありルールです。

ただ自身の生い立ちや子供の有無など、秘密にすることに抵抗がある場合は交際相手と十分に話し合いを持つことが必要です。

場合によっては再婚という決断を見直す必要にも迫られますが、長い目で見て無理のない結論を出しましょう。

 

再婚前に以前の問題はクリアにすることもルール

バツイチ男性との交際にまでは発展したものの、再婚は思いとどまるというケースも少なくありません。

大抵の場合、前回の結婚に関する内容がその理由です。男性にとっては両立できる、差支えがないと感じるような些細な物事でも、女性は過敏に反応をすることがあります。

再婚を真剣に考えるのであれば、前回の結婚において

離婚後の取り決め

子供との交流

経済的な負担

がどのように決められているのかを、明確に交際相手に伝えましょう。

また再婚にあたって

転居、新居を構えること

前妻との写真や思い出の物の処分

子供との交流の制限や見直し

経済的負担の軽減

などが交際相手から求められることもあります。たとえ写真1枚であっても破局に至る原因になりかねないので、交際に際しては十分な注意を持ち続けましょう。

バツイチ男性の婚活、交際、再婚において「バツイチ」という肩書だけでNGが出されることは減っていますが、このような部分で前妻の影を感じたり、存在感がちらついてしまうことがNGなのだと理解することが大切なことです。

あなたにおすすめ

おすすめの記事

1

30歳からスタートする婚活は当然苦労をします。 でもこの先31歳、32歳と婚活のスタート日を遅らせることでさらに苦労は増していきます。婚活を始めるのは1日でも早い方がいい!結婚という結果を出したいから ...

2

彼氏がいる、この先の見込みが立たないからこそ婚活に関する話題が気になるものです。 婚活パーティーの広告、周囲の話題、友達の結婚式…でも彼氏はいるという現実。 彼氏がいるのに婚活をするのはあり?無料の婚 ...

3

  結婚相談所への登録を検討し実際に話を聞きに行っている、今すぐじゃないけれどどんな会社があるのか資料を請求してみた、少し興味はあるのでインターネットで検索してみた、など、お相手を見つけるた ...

4

普通の恋愛すら長続きしない。ましてや結婚となるともっと難しいと思う。相手と長続きしない原因は? 婚活には熱心に取り組んでいる、結婚も強く望んでいる・・・にも関わらず交際期間が長続きしない、具体的な話を ...

-再婚, 恋愛・結婚, 離婚

Copyright© 婚活成功ノウハウ , 2019 All Rights Reserved.