デート 恋愛・結婚 遠距離

遠距離恋愛のメリットとデメリット

投稿日:2018年12月29日 更新日:

 

就職や転勤、転職をきっかけに遠距離恋愛になった、婚活イベントを通じて知り合った相手が遠方に住んでいたなど様々な理由から遠距離恋愛というスタイルになることもあるでしょう。メールやライン、ビデオ通話を活用すれば日ごろはさみしさや不便さを感じることも少ないので、最近では以前に比べ増加傾向にあるとも言われています。それでも結婚という大きな決断の前では遠距離恋愛に不安を覚えることもあります。ここでは遠距離恋愛のメリットとデメリットについて考えてゆきましょう。

あなたにおすすめ

 

メリットはお互いが独身生活を満喫できること

遠距離恋愛のメリットはお互いが自分の時間を満喫できるということです。社会人になると仕事に疲れ、必ずしも休日に毎回デートをしたいと思うものではないでしょう。
もちろんせっかくの休日ですから自分の趣味に時間を割きたいと思うこともあります。
また仕事が波に乗っているときは恋愛に左右されず没頭したいと思うこともあるでしょう。このような社会人だからこそ生じる都合や休日の過ごし方の要望を満たしつつ、恋愛を継続できるのが遠距離恋愛のメリットです。

遠距離という言葉だけが強く印象ついてしまうと、根拠のない不安や猜疑心にかられることがあります。しかし社会人同士の交際なら平日は多忙で会う事ができない、週末も毎週予定が合うわけではありません。デートも月に数回というペースに落ち着くでしょう。
この頻度なら遠距離でも近距離でもさほど変わりはないとも思えます。遠距離とは心の持ちようでいくらでも乗り越えることができると思う事ができれば、婚活においては決してマイナス要因にはならないでしょう。

メリットは結婚を新たな心構えで迎えられること

現代は結婚率が下がる一方で離婚率があがるという問題が起きています。婚活に苦労する反面で身近に離婚という言葉が飛び交うと、そのアンバランスさに気が付くでしょう。
もちろん社会人同士の交際、結婚において遠距離というハードルがあることは想像以上の障害になります。お互いの思いだけでなく仕事が関係してくるので、思うように時間を割き、行動できないこともあるでしょう。
時には誕生日やクリスマス、大型連休といったイベントのタイミングでさえ相手と都合が合わずに一人で過ごすこともあるでしょう。

お互いが様々な思いを抱え乗り越えた遠距離恋愛期間は決して無駄にはなりません。それぞれが仕事をもち、社会と接点を持つという事は常に不安が付きまとうからです。
ただメールの返信が遅い、電話がつながらない、ラインが既読にならないという些細な出来事でさえ、心が乱れることもあるでしょう。予定していたデートがキャンセルになれば途端に猜疑心が募りケンカになってしまうこともあります。つらい時や大変な時に一人で過ごす時間は遠距離恋愛を後悔させることもあるでしょう。
しかしこのような様々なハードルを乗り越えたからこそ、結婚というゴールにたどり着いた時の感動もひとしおです。これまでの交際期間があったから、この先もきっと大丈夫だとお互いが強く実感できるのが遠距離恋愛の大きなメリットと言えます。

デメリットは結婚に向けた貯金が難しいこと

遠距離恋愛のデメリットは何といっても「お金」に関することでしょう。
例えば新幹線で行き来する距離に住んでいる場合、交通費だけで数万円がかかります。お互いが一人暮らしをしているなら家賃も2軒分かかります。これから結婚を控えている場合、

  • 結婚式
  • 新婚旅行
  • 新居の手配
  • 引っ越し

と大きな出費が続きます。このような出費に備え、少しでも貯金額を増やしたいと思うものの、デートには交通費が必要になるのでなんとも解決できないジレンマを感じやすくなります。
交通費の節約をしたいものの、デートの回数は減らしたくないと考えるのも当然です。また久しぶりのデートでもつい奮発してしまうことも多くなり、気が付けば予定通りに貯金を増やすことができなかったという声があがっています。
遠距離恋愛からの結婚にはこのような課題があることをしっかりと受け止め、交通費以外の部分で節約を心掛けて乗り切りましょう。

デメリットは結婚の準備が進みにくいこと

結婚にはある種の勢いが必要だと言われます。もちろん他人同士が一緒に生活を始めるのですから、恋愛状態にあった時とは別の問題が生じるのも理解できます。でも恋愛状態にある盲目さもある意味重要ではあります。
遠距離恋愛の場合、

  • お互いが自分の生活をしっかりと確立し続けること
  • 冷静になる期間が都度生じること
  • 恋愛状態と平常の生活との落差があること
  • 周囲から様々な意見が出やすいこと

から結婚へ突き進む勢いにブレーキがかかりやすくなります。遠くに住む交際相手より、身近にいる友人や同僚の意見にも左右されやすくなります。その結果、結婚の時期が当初の予定よりも遅くなりがちです。
結婚を意識する相手と出会った時は、時には自分たちの価値観を信じ突き進むことも必要だと心に留めておきましょう。

あなたにおすすめ

おすすめの記事

1

  結婚相談所への登録を検討し実際に話を聞きに行っている、今すぐじゃないけれどどんな会社があるのか資料を請求してみた、少し興味はあるのでインターネットで検索してみた、など、お相手を見つけるた ...

2

今や10歳以上の年の差婚もさほど珍しいことではないものです。40代男性との結婚を望む20代女性が増えていることは事実です。でも実際に婚活に直面してみると、なかなか歳の差での出会いがない、きっかけがない ...

3

    みなさんは、どんな方法で婚活をしていますか?   例えば、合コン、街コン、婚活バー、婚活アプリ、婚活パーティー、結婚相談所…など、様々な手段がありますね。 Goo ...

4

  あなたにおすすめ 会話重視の人におすすめ!少人数制の婚活パーティー   婚活における需要と供給   需要と供給。それは、恋愛だけでなくて市場社会では当たり前のような価 ...

5

婚活においては合コンも出会いのチャンスにつながる大切な機会です。ただ合コンでは都度初対面の相手同士が顔を合わせる上に、大勢で会話をするのでなかなかアピールをしきれないと感じることもあるでしょう。時に明 ...

-デート, 恋愛・結婚, 遠距離
-, , ,

Copyright© 婚活成功ノウハウ , 2019 All Rights Reserved.