恋愛・結婚

子どもを持たない家庭の幸せの在り方

投稿日:2019年4月8日 更新日:

結婚スタイルの多様化や晩婚化、仕事優先の生活スタイルなど、子供を持たない結婚、夫婦の形も今では珍しいことではありません。なかには再婚同士であることを理由に子供を持たないという決断を下す方もいるでしょう。または子供を望んでいたにも関わらず結果が違ってしまったということもあります。今回は子供を持たないことと結婚生活について考えてみましょう。

あなたにおすすめ

まずは夫婦で共通認識を持つことが大事

結婚と子供の問題はたとえ夫婦間であってもとてもデリケートな問題です。夫婦で話し合いを重ねても、必ずしも相手が本心を口にしているとは限らないでしょう。しかしデリケートな問題だからこそ、あえて本心を口にしないことも大切な想いやりです。

ただ今後子供を持たないこと、ふたりで暮らすことについてはお互いが納得をしておくことが大切です。曖昧なまま、あえて話し合いを避けたままでは時間が経つにつれ、ぎくしゃくした関係になりかねません。夫婦間で共通の認識ができていれば、たとえ両親や親戚、周囲から心無い言葉をかけられたり、不用意な質問をされた場合でもどちらかが防波堤となることができるでしょう。

「自分時間」を充実させる方法考える

子供を持たない夫婦、結婚生活と聞くと、実は大きく2つのスタイルに分かれます。1つはまるで恋人同士のような距離感で接する夫婦。もう一方はお互いが独立した生活スタイルを持ち、友人同士、パートナーという印象を受ける夫婦です。

いずれも結婚、夫婦生活という意味では有意義でしょう。ただ周囲は恋人同士のような雰囲気をたたえる風潮があります。このような言動を耳にすると、ときに自分たちは・・・と気分が落ち込んでしまうこともあるかもしれません。でもたとえ子供がいない、持たないという決断をしたからといって必ずしもすべての夫婦が同じような雰囲気、スタイルになるとは限りません。

周りからはまるで共通点がない夫婦と見えていても、夫婦同士はとても居心地がいいと感じることもあります。大切なことは「自分時間」をいかに充実させるかということです。

必ず「夫婦一緒」でなくてもOK

子供を持たない夫婦でありがちな失敗例で、夫婦密着型の生活を片方が熱望してしまうケースがあります。週末はもちろんこと、平日もふたりで食事をすることを義務付けたり、記念日のお祝いを過度に期待してしまうことです。

もちろんいつまでも仲睦まじく生活をするうえではお互いの歩み寄りも大切なことですが、必ずしも過度に密着する必要はないでしょう。平日はお互いが仕事をしたり、趣味や習い事をしたりと過ごすことで、片方に家事負担が偏ってしまうことを防ぐことも夫婦が仲良く暮らすコツです。

記念日や誕生日など決して忘れてはいけない日を欠かさないことだけを優先するという方法もあります。またそれぞれが趣味を持ちつつ、全ての趣味を同時進行で楽しむのではなく、お互いがいくつか持つ趣味のうち、ある趣味だけ、共通の部分だけ一緒に楽しむという距離感もいいでしょう。あえて窮屈にしない、余裕をもてることは、大人同士の生活における大きな魅力でしょう。

ペットを家族に迎えることもオススメ

大人になってから夢中になれる趣味を見つけることは意外に難しいものです。その上、夫婦ふたりで感心を持てる内容となればなおのことでしょう。ただペットであれば、家族として夫婦ふたりで世話に携わることができる上に、会話のきっかけもあふれるほど生まれるのでおすすめです。

ペットの些細な仕草や行動が話題になり、夫婦間でラインや画像、動画のやり取りが盛んになります。もし犬を家族に迎えたなら、これまで足を運ぶことの無かったドッグランに足を運んだり、犬連れOKなカフェやホテルに出かけることも増えるでしょう。ペットを通じて新たな交友関係ができたり、近所の方との交流も深まります。夫婦ふたりで公園を散策することはなくても、ペットがいることで週末に公園を散歩することも違和感が無くなるでしょう。

これまでにペットを飼ったことがないという方にとっては、ペットを飼うという決断が一大決心かもしれません。大人同士の生活にはなかった手間暇や苦労、ときにはストレスを感じたり、しつけの手法について悩んだり、調べたりということも起こります。でもこのような日々の生活に起こる出来事や起伏もまた結婚生活の充実感を増大させてくれるものです。

まずは休日にふたりでペットショップや犬猫里親会に足を運び、ペットと直接触れ合ってみましょう。

周りの言葉がときには大きなダメージになることも

子供がいないということで、ときには周囲から心無い言葉をかけられることがあります。相手はさほど大きな意味のない質問や会話のつもりでも、当の本人には不快なこともあるものです。

このような言動は予測不可能な出来事と考え、一喜一憂しないことも必要です。単なる雑音と考え聞き流しておきましょう。

あなたにおすすめ

おすすめの記事

1

30歳からスタートする婚活は当然苦労をします。 でもこの先31歳、32歳と婚活のスタート日を遅らせることでさらに苦労は増していきます。婚活を始めるのは1日でも早い方がいい!結婚という結果を出したいから ...

2

彼氏がいる、この先の見込みが立たないからこそ婚活に関する話題が気になるものです。 婚活パーティーの広告、周囲の話題、友達の結婚式…でも彼氏はいるという現実。 彼氏がいるのに婚活をするのはあり?無料の婚 ...

3

  結婚相談所への登録を検討し実際に話を聞きに行っている、今すぐじゃないけれどどんな会社があるのか資料を請求してみた、少し興味はあるのでインターネットで検索してみた、など、お相手を見つけるた ...

4

普通の恋愛すら長続きしない。ましてや結婚となるともっと難しいと思う。相手と長続きしない原因は? 婚活には熱心に取り組んでいる、結婚も強く望んでいる・・・にも関わらず交際期間が長続きしない、具体的な話を ...

-恋愛・結婚

Copyright© 婚活成功ノウハウ , 2019 All Rights Reserved.