婚活総合インフォメーション by FIORE

夏のデートに関する調査結果を大公開! ~婚活調査隊~

2017月5月30日更新 タグ: ,

夏のデートに関する調査結果を大公開! ~婚活調査隊~

さあ、今年ももうすぐ夏がやってきます。
みなさんは、夏と聞いてどんなことをイメージするでしょうか。
「猛暑」、「入道雲」、「日焼け」、「海」。そして「恋」!

今回の調査したテーマは、ずばり「夏のデート」

デートの行き先は、夏らしく海がいい?それとも暑さをしのげる屋内がいい?どんな服を着ていったらいいの?そして、夏のデートで聴きたい曲は?

これを読んでしっかり予習をすれば、夏のデートがうまくいくこと間違いなし!
暑さなんて何のその、あなたの夏の恋を成功に導く、そんな婚活調査隊のはじまりです!

この夏、恋人と行きたいデートスポットは?

夏だからこそアウトドアデートもいいけれど、
昼間は屋内、夜は花火や夏祭りが無難かも。

この夏、恋人と行きたいデートスポットは?

「今年の夏は暑い!」なんてこと、毎年言ってませんか。さて、そんな暑い夏に出かけるデートスポットはどこがいいのでしょうか。水族館やプラネタリウムなどの屋内デートは、男女ともに「行きたい」が90%を超える人気スポット。特に女性は「すごく行きたい」と答えた割合が半数近くありました。「暑いのが嫌いなので、涼しいところに行きたい」(30代・女性)、「ゆったりと楽しく過ごしたい」(30代・女性)のような意見が圧倒的に多い結果でした。

次に人気なのが、暑さもしのぎやすい、花火大会や夏祭り。夏だからこその人気デートコースですね。「夏らしい場所へ出掛けたい」(30代・男性)、「夏だからこそ、夏だけしかない夏祭りに浴衣を一緒に着て行きたい」(30代・女性)という声が多数。

男性が最も気を付けなければいけないのが、海・プールでのデート。男性は「行きたい」という意見が70%を超えているのに対し女性は40%程度と、かなり大きな差があります。「花火大会や海などアクティブに行きたい」(30代・男性)という男性に対して、女性からは、「海、プールは日焼けするのでいやです」(30代・女性)という意見がかなり多く見受けられました。その傾向は年齢とともに高くなり、30代以上の女性の「すごく行きたい」はわずか5.6%になります。男性はデートに誘うとき、くれぐれも注意を。

(女性)この夏デートであなたが来て行きたいファッションは?
(男性)この夏デートで女性に来てほしいファッションは?

似合っていればこだわりなし。夏デートの服装は、もっと気軽に。

この夏デートであなたが来て行きたいファッションは?

では女性が夏のデートに来ていく服装はどのようなものが人気があるのでしょうか。女性には来て行きたい服装、男性には来てほしい服装を聞いたところ、男性・女性関わらず、「シンプルに、カットソー&デニムのパンツ」、「上品なワンピース」、「フェミニンなふんわりスカート」が来て行きたい、来てほしいの上位という結果でした。ただし、女性はこの3つで90%を占めているのに対し、男性の意見は他の服装にも意見が分かれているのが特徴です。

女性のシンプル派は、「カジュアルが1番楽。清潔感が大事(20代・女性)」、また、「アクティブに動きたい(30代・女性)」からとの理由が多く、上品、フェミニン派は、「女性らしい」や「大人っぽい」からという意見が多く見られました。

男性からの意見は、「動きやすい、Tシャツ&ショートパンツ」と「夏こそセクシーに、ミニスカート&ハイヒール」もある程度の支持がありました。が、男性に目立って多かった意見は、「相手に任せる(30代・男性)」、「似合っていればなんでもいい(30代・男性)」のように、女性の服装自体にはそれほどこだわりを持っていないというもの。

もし「女性らしさ」を意識してちょっと無理をした服装をチョイスしている女性なら、もっと気楽に考えてもいいかもしれません。

夏のデートで聴きたい曲は何ですか?

夏のデートで流す曲は、40代は「サザン」。30代以下は「ゆず・ミスチル・ワンオク」で決まり!

夏のデートで聴きたい歌

夏のデートで聴きたい歌は、20代・30代と40代では違いが大きく現れました。

20代・30代の1番人気は「ゆず」。次に「Mr.Chidren」、「ONE OK ROCK」と続きます。「ゆず」、「Mr.Chidren」は男女ほぼ同数の人気があったのに対して、「ONE OK ROCK」は女性からの指示が圧倒的に多く、女性票だけだと一番人気でした。曲は圧倒的はゆずの「夏色」の人気が高く、30代以下の、夏の定番ソングと言ってもいいのではないでしょうか。
一方40代の人気は、「サザンオールスターズ」が他を引き離して圧倒的に一番人気という結果でした。曲も、大ヒットした「TSUNAMI」や「チャコの海岸物語」、「真夏の果実」など幅広く支持されているのが特徴で、「サザンなら何でも」という方もいました。