婚活総合インフォメーション by FIORE

春はお花見デートで決まり!電車の中から桜を楽しめる沿線3選~関西編~

2017月3月2日更新 タグ: , ,

こんにちは。事業推進本部の森川です。
3月に入り厳しい寒さも和らいできましたが、まだまだインフルエンザが流行しているようです。みなさま、体調管理にはくれぐれもご注意ください。

とはいえ、春はもう間近!春といえば桜ですね。ちなみに今年の開花時期は平年並みだそうです。
今回は、電車の中から桜を楽しめる沿線を3つご紹介します!

9fc95b58c1e4322c9746e6ed85677ece_s

1.嵯峨野トロッコ列車(京都府)

「トロッコ嵯峨駅」から「トロッコ亀岡駅」まで、片道約25分かけて運行する観光列車です。沿線の桜は約2000本で、植樹されているそうです。保津川の自然の景観とともに見える桜は、桜の名所として非常に有名です。桜をゆっくり楽しみたい!そんな方にぴったりのオススメスポットです。

2.京福電鉄北野線(京都府)

北野線「鳴滝駅」から「宇多野駅」間の約200メートルの”桜のトンネル”は、車内から楽しめるお花見スポット。例年、桜の満開の時期に合わせてライトアップを実施しています。ライトアップでは、室内灯を消してゆっくり運行してくれるようです。今年のライトアップの日程は未定ですが、是非夜桜を楽しまれてはいかがでしょうか?夜はロマンチックで幻想的!カップルには非常にオススメのスポットです。

3.阪和線山中渓駅(大阪府)

大阪府と和歌山県の境に程近い「山中渓駅」。ここでは約1000本の見事な桜並木、さらに夜にはライトアップを楽しむことができます。駅のホームから桜並木を眺めることができるオススメスポットです。機会があれば、ぜひ山中渓駅で降りてみてください!

以上、関西の車窓から楽しめるお花見スポットでした。いかがでしたか?
ぜひ気になっている人や大好きな恋人と訪れてみてください!

次回は、電車の中から桜を楽しめる沿線~福岡編~をご紹介いたします!どうぞお楽しみに!

関連記事

 

775ea66a64e32b9d9cfaa5d1eb44f12f_s