婚活総合インフォメーション by FIORE

お医者様と結婚したい!出会う方法まとめ

2017月11月11日更新 タグ: , ,

お医者様との結婚といえば、誰もが羨むハイステータスな生活、経済的にも一生安泰、結婚したいと思う女性も多いのではないでしょうか。
実際に医者と出会うにはどのような方法があるのかを今回お話しさせていただきます。

医者の妻になる難易度

医者になる難しさと、その妻になる難しさ

医者は国家試験に受かって初めて医者になります。
大学で医学部に6年間通い、その前の大学入試だって相当大変なもの…というわけで、医師免許を手にするまでの難易度は半端なく高いのです。
医者になるのも難しいのですが、普通の人が医者の妻になることはもっと難しいです。

「医者の妻は、医者」という医者同士のカップルも多く、また身近にいる医者の親戚の紹介によるお見合いをきっかけに結婚する方も多いのが現状です。しかし、医者の中には『職場など近場で結婚したくない』と考えている人もいて、そのような人は外に結婚相手を求めます。医者との接点や縁がない方は職場や身内以外で結婚相手を探している医者と出会う方法を考えることが重要になります。

普通の人との結婚を望んでいる医者と出会うには?

普通の人との結婚を望んでいる医者と出会うには?

一番現実的で合理的なのは「医者と出会える婚活サービス」を利用することです。
一般的に医者は激務でとにかく時間が無いので、いつでも気軽に自分のペースで動ける結婚相談所や婚活パーティーを活用する事が多いです。医師限定の婚活パーティーなら女性からのアプローチも多いですし、結婚相談所でしたら激務の間に、結婚に真剣な女性を探すことができます。
そこで普通の人が結婚相談所に登録すると、現状の環境では出会えない、医者と出会う機会を得ることができ、医者との結婚が実現する可能性を持てます。

医師と出会える婚活サービス

婚活パーティー・合コン

「医者専門」とうたっている婚活パーティーがあったら参加してみるといいでしょう。
婚活パーティーで大事なのは『医者が結婚したいと思える女性』になることです。医師の男性にとって理想的な女性像については以前にまとめた記事をご確認ください。

婚活パーティーでのトークで「専業主婦をする」「家を守りたい」などの言葉は禁句です。医者の仕事は激務ですので実際に家事や育児に協力する事は難しく、結果的には専業主婦をすることになる場合が多いので、男性から打診されたり求められたりするまでは自ら口にしない方がいいと言えます。
専業主婦になりたいという発言は、「結局、自分のお金目当て」「自分が働きたくないから」だと思われるリスクが高くなります。むしろ、今まで仕事が忙しく一生懸命やってきて、その忙しさが原因で出会いがなかったというアピールをするほうが有効でしょう。

また、知人に医者がいるラッキーなあなたはその人に合コンを開いてもらうお願いをしてみてもいいでしょう。
もし、あなたがまだ学生ならば、医大系の合同サークルや部活に入ることもオススメです。

婚活パーティーを選ぶ上での注意点

ちなみに婚活パーティーや合コンに参加するときは、医者であることを確認し、身元がちゃんと保証されていることを確認してから参加してください。
パーティーで医者と知り合えたからと浮かれ、あとで問題に巻き込まれないように注意しましょう。
医者を対象とした婚活パーティーの料金は、圧倒的に女性が高い設定となっています。
男性の医者の数はとても少ないので、参加してみたら女性と男性の比率が均等になっておらず参加者は女性ばかりであった、というのもよく聞く話です。

結婚相談所

結婚相談所は結婚を目的とした男女が出会うきっかけを作るところですので、結婚を目的としている限り結婚相談所を使わない手はありません。
なんといっても結婚相談所は相手の条件が事前にわかるのが大きなメリットです。そして婚活パーティーとは違って、結婚に対して前向きな人しか登録していません。
結婚相談所にはいくつかの形態がありますが、結婚相談型と言われるところでは一人ひとりをお世話する専任の担当者がつきますので、担当者があなたに合ったお相手を紹介してくれることもあります。
そして、何より担当者は結婚という幸せを掴み取った多くの女性を見ているので、その経験を活かしたアドバイスであなたを幸せな結婚に導いてくれることでしょう。
また、お見合いなら、女性の学歴や家族構成など、プロフィールを確認してから出会えるため、交際後破局ということが少なく安心できる点などがあります。

しかし、結婚相談所といっても、どこでもよい訳ではありません。
「医者と結婚する」という目的を達成するためには、あなたの結婚に対して、理解があり、親身になってくれるスタッフがいる結婚相談所でなければなりません。

どういう結婚相談所を選べばいいの?結婚相談所の種類

結婚相談所は、大きく分けて3種類あります。

結婚相談型 結婚相談型は、会員一人ひとりに担当者が付き、お相手探しからお引き合わせ、成婚まで二人三脚で進んでいく婚活サービスです。
結婚相談所に登録する際は、独身証明書や所得証明書などの書類提出が義務付けられているので、身元や年収などお相手の詳しい条件を事前に知ることができます。費用は少し高額になりますが、結婚に対する本気度は高くなります。また、悩み事やトラブルがあった際も担当者にすぐ相談することができるので、安心して活動することができます。
データマッチング型 データマッチング型は結婚相手の情報を提供することが目的のサービスです。結婚相談所に比べ費用が安い分、登録者数も多く、必然的に紹介可能人数も多くなります。自身の希望を入力するだけで条件に合ったお相手を抽出し、紹介してくれますので、自分のペースで婚活がしたい人に向いています。ただし、結婚相談所とは違いお相手紹介のサービスのみとなり、専任の担当者がつくことはありませんので自力でお相手との関係を進めていく必要があります。
インターネット型 インターネット型は、結婚願望がある男女が登録をするだけで自由に婚活ができるサービスです。結婚相談型やデータマッチング型に比べ、さらに入会費や月額が安く気軽に始められることから、近年利用者数がどんどん増えてきています。しかし、インターネット型には登録時に証明書の提出が義務付けられていないサービスも多いので注意が必要です。実は既婚者だった、年齢や年収を詐称されていたなどのトラブルに巻き込まれないよう、インターネット型サービスを利用する際は自己防衛の意識を持つことが重要となります。

以上の特長より、あなたがもし本気で医者との結婚を考えているのなら、担当スタッフのサポートが受けられる結婚相談型の婚活サービスを利用するのが、一番の近道といえるでしょう。

まとめ

医者と出会うには、婚活パーティーや結婚相談所を積極的に利用しましょう。結婚相談所は仲介・相談型がベスト。医者と結婚するための、自分磨きも忘れずに。